クレジットカード選びの比較ポイント

クレジットカード選びの比較ポイントについて紹介しています。

クレジットカード比較と制度

0093_R.png行政、司法、立法という3つの要素がある我が国は憲法を持つ立憲君主制の国家です。

法律というのは明文化され、その共同体にいる人々の関係性を保つために存在します。

クレジットカード比較は、憲法、商法、民法、民事訴訟法、刑事訴訟法、刑法が関与します。

そしてその下には、利息制限法、出資法、貸金業法、割賦販売法と言うような法律が後から出てきます。


皆様には金融庁そのほかのメディアで、法律を少し学んでおくといいでしょう。

何故かと言いますと、相手がその法の線引きを越えるかどうかが正規の業者かどうか、わかります。

クレジットカード比較の専門のサイトの紹介するものではないですが、時に大手のクレジットカードと似た名前で、闇金業、届を出している業者がいます。

高金利、そして、乱暴な取り立てをします。


例えばお金を返さなかったら奥方にばらす、ネット上にばらまく、暴力団と名乗るというケースがあります。

クレジットカード比較ではないですが、たまにこの手の方に出会いますが、筆者は慌てません。

こういう事はまずただのチンピラのすることです。

慌てず騒がず録音して「あなたのなさっていることは刑法222条に該当します、警察と弁護士を呼びましょうか」です。

殴ろうとしたら「刑法208条暴行罪抵触の恐れ」と言い放つといなくなります。


また、闇金融の場合は違法な金利は支払い義務がないのです。

判例もいくつもあります。

しつこく押し貸ししてきても「その金利、出資法違反ですが闇金のかたですか」で対応できます。

法は身を守ります。